人気の「ナマハゲ手袋」先行販売 柴灯まつり、協賛金も募集

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
個人協賛の特典として提供されるオリジナル商品。手前がナマハゲ手袋
個人協賛の特典として提供されるオリジナル商品。手前がナマハゲ手袋

 男鹿市北浦真山の真山神社を主会場に2月8~10日に行われる「なまはげ柴灯(せど)まつり」の実行委員会は、まつりに合わせて地元企業が製造したナマハゲ手袋を男鹿市北浦真山のなまはげ館で先行販売している。

 手袋は指を折り曲げると角の生えたナマハゲの顔になるユニークなデザイン。赤と青で一組で、手の甲の部分にナマハゲの顔が編み込まれている。今年は着用したままスマートフォンを操作できるよう改良した。一組千円(税込み)。まつり当日は会場で販売する。収益はまつりの運営資金に充てる。

 また、実行委員会は、運営に協賛金を提供する個人を募集している。特典として焼き印が入った一合升や、ナマハゲ手袋などがもらえる。申し込みは18日まで。

(全文 763 文字 / 残り 452 文字)

同じキーワードのイベント情報