手話や漁師体験、婚活… 高校生が地域の課題解決へ提案

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
高校生が、地域課題の解決に向けた取り組みについて説明した報告会
高校生が、地域課題の解決に向けた取り組みについて説明した報告会

 秋田県内の高校生が社会・地域課題の解決に向けて取り組むのを支援する国際教養大の学生団体「FROMPROJECT(フロムプロジェクト)秋田」の報告会が6日、秋田市のにぎわい交流館で開かれた。高校生10人が、それぞれ考えた取り組みと、その成果について発表した。

 同団体は、企画の立案や運営を通し、高校生に自主性を身に付けてもらおうと2015年に結成された。これまで第1~5期に分かれ、高校生延べ50人が課題を考え、その解決に向けさまざまに取り組んだ。

 今回の報告会は第6期で、10人が昨年10月から、手話や漁師体験、婚活などをテーマに、それぞれ教養大生のサポートを受けて活動してきた。

(全文 650 文字 / 残り 359 文字)