秋田刑務所、受刑者2人を書類送検 建造物損壊容疑など

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田刑務所
秋田刑務所

 秋田刑務所は9日、建造物損壊の疑いで40代男性受刑者を、傷害と公務執行妨害の疑いで別の40代男性受刑者をそれぞれ書類送検した。

 一人の送検容疑は、昨年8月25日午後1時5分ごろ、収容されていた単独室で、木製の小机を窓にたたきつけ、窓ガラス2枚(計約2万1599円)を割った疑い。

(全文 328 文字 / 残り 188 文字)