BB新スタジアム、事業費は100億円程度 協議会試算報告

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
建設コンサルタントによる報告が行われた専門委員会
建設コンサルタントによる報告が行われた専門委員会

 サッカーJ3ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の本拠地としての活用を想定した新スタジアムの整備構想策定協議会(会長=相場哲也・秋田商工会議所専務理事)は10日、秋田市の県商工会館で第6回専門委員会を開いた。概算事業費や事業収支などの調査を委託された建設コンサルタントによる報告が行われた。

 概算事業費については、1万人収容のスタジアムを建設した場合、整備候補地に挙がっている秋田市内3カ所(八橋運動公園、秋田大、秋田プライウッド本社)のいずれでも100億円前後になると試算。八橋は102億4900万円、秋田大は98億7800万円、秋田プライウッドは99億8500万円とそれぞれ見積もった。1万5千人収容とした場合は、22億4800万円がそれぞれ掛かり増しとなるという。

 ただし、この試算は既存の同規模施設を参考にして算出したもので、出席した委員からは一概に100億円も掛かるわけではなく「もっと低コストで建設した例もある」との意見も出た。

(全文 895 文字 / 残り 477 文字)