イージス・アショア:太平洋の盾(4)「米国のため」疑念拭えず

会員向け記事

 佐竹敬久知事「日本の上空を越えていくミサイル、これを一定程度捕捉して、米軍にデータリンクする目的があるんじゃないですか」

 防衛省・深澤雅貴官房審議官「そこはあくまでも、日本を狙った弾に対処するためのものであって…」

 昨年8月27日に行われた佐竹知事と防衛省側との4回目の会談。イージス・アショア(地上イージス)は、ハワイなどへ向かうミサイルをレーダーで捉え、データを米軍と共有する役目を担うのではないか―。知事は疑問を呈したが、防衛省幹部は認めなかった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース