韓国チャーター便、来月上旬に6便 仙北市や男鹿市へツアー

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田空港国際線ターミナルビル
秋田空港国際線ターミナルビル

 秋田県は11日、秋田空港に乗り入れる韓国チャーター便が来月1~9日に計6便運航されると発表した。座席は全て韓国人向けに販売されており、団体ツアーで仙北市や男鹿市、鹿角市などを巡る予定。

 韓国の格安航空会社(LCC)のイースター航空が、座席数189の機体を使って運航する。同社が秋田―仁川間で運航するのは初めて。

(全文 421 文字 / 残り 265 文字)