秋田市が専門委設置、地上イージス 電磁波影響など精査

お気に入りに登録

 政府が秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備を目指す迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)について、穂積志市長は11日、防衛省による現地調査の結果を独自に検証する方法として、専門家で構成する委員会を設置し、レーダーが発する電磁波の影響や警備体制を精査する方針を明らかにした。定例会見で示した。

 市は、同省が現地調査で新屋演習場を「適地」と判断した場合でも、結果を独自に検証する方針を示している。

(全文 637 文字 / 残り 431 文字)