一足早く梵天披露 秋田市の濁川梵天会、特養老人ホーム訪問

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
迫力ある梵天を披露した会員ら
迫力ある梵天を披露した会員ら

 秋田市の濁川梵天会(船木勇一会長)の会員ら11人が12日、同市添川の特別養護老人ホーム「光峰苑」を訪れ、17日に太平山三吉神社に奉納する梵天を一足早く披露した。

 会員らは高さ約2・5メートルの梵天を掲げ、勇ましくほら貝を吹き鳴らして施設内を回った。「ジョヤサ」の掛け声とともに、代わる代わる巧みな節回しで梵天唄「三吉節」を歌い上げた。利用者は拍手を送り、手拍子をする人や三吉節を口ずさむ人もいた。

(全文 433 文字 / 残り 234 文字)