あきた舞妓とナマハゲが競演、秋田市で新春特別公演【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
岩谷さん(左)とあきた舞妓の共演
岩谷さん(左)とあきた舞妓の共演

 あきた舞妓(まいこ)となまはげ太鼓による新春特別公演が12日、秋田市千秋公園のあきた文化産業施設「松下」で開かれた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に「男鹿のナマハゲ」が登録された記念で、舞妓とナマハゲが舞と太鼓を披露した。

 「お昼の部」と「お昼下がりの部」の2回公演。お昼の部では、舞妓の紫乃(しの)さんと緒叶羽(おとは)さんが「秋田おばこ節」や「久保田節」などに合わせ、あでやかな舞を披露。お座敷遊びも行い、会場は和やかな雰囲気に包まれた。

 舞妓の退場後、会場のふすまが音を立てて揺れる演出とともに、1匹のナマハゲが雄たけびを上げて登場。躍動感あふれる勇壮な太鼓演奏を披露すると、来場者から大きな拍手が送られた。

(全文 500 文字 / 残り 184 文字)