感謝と誇り、胸に刻んで 秋田市など4市で成人式

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
笑顔で友人と記念撮影をする秋田市の新成人
笑顔で友人と記念撮影をする秋田市の新成人

 秋田、男鹿、由利本荘、にかほの秋田県内4市で13日、平成最後の成人式が開かれた。華やかな振り袖やスーツ姿の新成人たちは、旧友との再会を喜びながら大人としての自覚を深めた。

 このうち、秋田市の「新成人の集い」はCNAアリーナ(市立体育館)で開かれ、新成人2237人が出席した。穂積志市長は「郷土愛や誇りを胸に、将来の秋田のため、そして日本のために活躍されることを期待している」と激励した。

 新成人を代表し、会社員の加賀谷昌梧さんが「今後の人生では自分が見つけた目標を達成できるよう努めていく」、秋田大2年の近藤悠加(はるか)さんは「感謝の気持ちと秋田で生まれ育った誇りを忘れず、恩返しができるよう頑張っていく」とそれぞれ誓いを述べ、全員で万歳三唱した。

(全文 472 文字 / 残り 146 文字)