真っ赤なイチゴ摘み、甘さ堪能 羽後町、ハウス農園にぎわう

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
甘く熟したイチゴを頬張る来園者
甘く熟したイチゴを頬張る来園者

 秋田県羽後町三輪地区の農事組合法人こまち野(佐藤金太郎代表理事)のハウス農園でイチゴ狩りが始まり、甘い実を堪能する多くの来場者でにぎわっている。

 今年の営業は10日にスタート。イチゴ狩り用のハウス20アールでは「紅ほっぺ」「章姫(あきひめ)」の2品種計約2万株を高設栽培しており、棚からは真っ赤に熟したものからまだ白いものまで無数の実が垂れ下がっている。

(全文 424 文字 / 残り 246 文字)