ピンクモジャ:やるな、川崎! アリーナ演出の進化に驚く

お気に入りに登録

 平成最後の年が明け、今シーズンも後半戦に入りました。ここまで挙げた勝星は11。前キャプテン俊野選手の離脱や谷口選手の怪我などを乗り越えてつかみ取った勝利です。後半は同じ東地区の上位チームとの対戦が続きますが、少しでも多くの勝利を挙げ、3季目のBリーグをなんとか戦い抜いてほしい。そしてうちのめんこたちが怪我なく無事にプレーできますように。6日、2019年初戦の地である川崎市の川崎大師にて、ハピブー仲間とともにそんなことを祈願しました。

 今年最初の対戦相手である川崎ブレイブサンダースは日本代表の篠山竜青選手やニック・ファジーカス選手らを擁する強豪。我らが谷口キャプテンの弟、谷口光貴選手が在籍しており、また、今シーズンからハピネッツに加入した野本選手の前所属チームでもあります。今節限定の谷口兄弟スペシャルコラボグッズの販売もあり、会場のとどろきアリーナには秋田や関東一円から多くのブースターが集まりました。ちなみに1番人気のコラボタオルは開場30分で売り切れたそうです。