ガラス作品の理解を深める 秋田市の工房、児童ら制作体験

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
吹きさおから息を吹き込みガラスを膨らませる子ども
吹きさおから息を吹き込みガラスを膨らませる子ども

 ガラス工芸の工程を体験できるイベント「ニューイヤーフェスタ」が14日、秋田市の新屋ガラス工房で開かれた。多くの家族連れが加工を通じ、ガラス作品への理解を深めた。

 会場には、熱したガラスを膨らませるふれあいガラス体験と、ガラス製品の絵付け体験の2コーナーが設けられた。

 ふれあいガラス体験は、中学生以上を対象とする吹きガラス制作の一部を児童にも体験してもらおうと実施。子どもたちは、熱したガラスが先端に付いた吹きさおに思い切り息を吹き込み、うまく膨らませられると歓声を上げていた。

(全文 444 文字 / 残り 204 文字)