県内各地で大雪、横手で35センチ 18日も大荒れか

お気に入りに登録

 秋田県内は17日、冬型の気圧配置が強まり、各地で大雪となった。午後5時現在の各地の24時間降雪量は、横手市35センチ、湯沢市28センチ、鹿角市21センチなど。18日も大雪になる見通しで、秋田地方気象台は交通障害やなだれに警戒するよう呼び掛けている。

 気象台などによると、17日は沿岸部で暴風雪となり、各地の最大瞬間風速は、八峰町八森24・4メートル、にかほ市22・2メートル、秋田市17・8メートルなど。由利本荘市では強風でアパートの屋根の一部が剥がれる被害があった。

 午後5時現在の積雪は、湯沢市湯ノ岱95センチ、横手市83センチ、北秋田市阿仁合75センチなど。午前8時半ごろには、北秋田市脇神字米ノ岱で自宅の除雪をしていた男性(59)が凍結した地面に足を滑らせて転倒、頭を強く打ち、くも膜下出血の重傷とみられる。

(全文 514 文字 / 残り 155 文字)