ジャンプ女子・松橋を「アスリート採用」 ドリームリンク

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
松橋亜希
松橋亜希

 飲食事業を全国展開するドリームリンク(秋田市山王、村上雅彦社長)は17日、スキージャンプ女子で鹿角市出身の松橋亜希(26)=花輪高―東海大出=が同社に所属すると発表した。同社の初めての「アスリート採用」で、現役引退後も社員として勤務することを前提としている。

 松橋は八幡平小4年で鹿角ジャンプスポーツ少年団に入り競技を始めた。大館国際中1年だった2006年の全県中学校スキー大会では、大会史上初の女子ジャンプ選手の一人として出場。花輪高でも競技を続け、大学時代は全日本学生選手権3連覇、15年のユニバーシアード女子団体で銀メダルに輝くなど、本県女子ジャンプ選手の草分けとして活躍してきた。14~17年シーズンまで全日本スキー連盟の強化指定選手だったが、昨季からは指定を外れている。

(全文 522 文字 / 残り 181 文字)