入試の点数「のび~る」 合格祈願のバター餅で受験生激励

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
村井会長からバター餅を受け取る生徒代表の藤嶋さん(左)
村井会長からバター餅を受け取る生徒代表の藤嶋さん(左)

 高校入試の点数が伸びるようにとの願いを込めて、秋田県北秋田市の製造業者らでつくる「日本バター餅協会」(村井松悦会長)は18日、受験を控えた市内5中学校の3年生226人に、合格祈願のバター餅を贈った。

 バター餅は、包装ビニールに桜の花びらの図柄と「点がのび~る」というメッセージを入れた特別製。四つの製造業者が提供し、この日午前に同市宮前町の鷹巣神社で合格祈願をした。

(全文 355 文字 / 残り 171 文字)

同じキーワードのイベント情報