秋田県、自殺率ワースト脱却 全国は9年連続減少

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 2018年の自殺者数は17年より723人少ない2万598人(3・4%減)で、9年連続で減少したことが18日、警察庁の集計(速報値)で分かった。人口10万人当たりの自殺者数(自殺死亡率)は0・5人改善の16・3人で1978年の統計開始以来、最少となった。本県の自殺死亡率は20・7人(前年24・6人)で、警察庁のまとめでは2014年以来、4年ぶりにワーストを脱却した。

 政府は17年の自殺総合対策大綱で自殺死亡率を米国やドイツの水準に並ぶ13・0人以下にする目標を掲げている。データを分析した厚生労働省自殺対策推進室は「景気回復や地域の取り組みで減少しているが、2万人超の現実を受け止め、対策を進める」としている。

 速報値によると、男性は1万4125人(17年比701人減)、女性は6473人(同22人減)。自殺者数が2万1千人を下回るのは37年ぶり。

 33道府県で減少、13都府県で増加、滋賀は227人で17年と変わらなかった。最多は東京の2248人。大阪など5府県でも千人を超えた。最少は鳥取の79人。自殺死亡率は、山梨(24・8人)、青森(22・0人)、和歌山(21・5人)の順に高く、本県は6番目の高さだった。

(全文 950 文字 / 残り 441 文字)