時代を語る・浅利京子(31)伝えたい「酒の秋田」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
湯乃華芸妓に川反の踊りを指導する(中央)=平成28年3月
湯乃華芸妓に川反の踊りを指導する(中央)=平成28年3月

 平成25(2013)年11月、秋田市大町の料亭「濱乃家」の竹島知憲社長から連絡がありました。「舞妓(まいこ)を育成する仕事をしたいという女性がいるから、川反のことをいろいろ教えてくれないか」と。そして紹介されたのが、「あきた舞妓」の生みの親の水野千夏さんでした。

 平成に入っても川反花柳界の縮小は止まらず、あきたくらぶなど多くの料亭がなくなり、芸者の姿も消えていきました。花柳界の復活は厳しいとは思いましたが、やるなら芸をする舞妓を育ててほしかった。水野さんも同意見だというので、「酒の秋田」を教えました。

(全文 783 文字 / 残り 529 文字)

この連載企画の記事一覧