空手、喜友名諒「大切な一年」 25日からプレミアリーグ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見を終えポーズをとる喜友名諒(左端)ら空手日本代表=20日、東京都内
記者会見を終えポーズをとる喜友名諒(左端)ら空手日本代表=20日、東京都内

 世界各地を転戦する空手の賞金大会、プレミアリーグの今季初戦となるパリ大会(25~27日)に臨む日本代表が20日、東京都内で記者会見し、男子形の昨年の年間王者で世界選手権3連覇の喜友名諒が「東京五輪に向けた大切な一年。毎日の稽古が自信になっているので力を全て出して優勝したい」と抱負を語った。

 大会は2020年東京五輪出場権のポイント対象で、形の採点方式導入や女子組手の試合時間延長など改正されたルールで初めて実施される。女子形の清水希容は「優勝することが今年一年にとって大事」と意気込み、植草歩は「一つ一つの試合で素晴らしい内容で勝ちたい」と述べた。