強い冬型、県内各地で強風や吹雪 22日も一部で大雪か

お気に入りに登録

 秋田県内は21日、強い冬型の気圧配置の影響で強風や吹雪に見舞われ、建物被害が出たほか、交通機関が乱れた。22日も断続的に雪が降り、大雪になる所もある見通し。

 秋田地方気象台などによると、午後5時現在の各地の最大瞬間風速は、八峰町八森26・9メートル、秋田市24・0メートル、にかほ市22・8メートルなど。八峰町八森は全国2番目の強さだった。能代市浅内では物置小屋の屋根の一部が強風で剥がれる被害が発生した。

 各地の積雪は湯沢市湯ノ岱121センチ、北秋田市阿仁合87センチ、横手市84センチなど。同市柳田では20日午後9時40分ごろ、農作業小屋の屋根の一部が崩れ落ち、そばの市道約8・4メートルが通行止めとなった。横手署によると、屋根に積もった雪の重みで崩れたとみられる。

(全文 511 文字 / 残り 175 文字)