秋田市の新駅、利便性向上へ協力 JR秋田支社が見解

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市泉菅野に設置されるJR奥羽線の秋田―土崎間の新駅(仮称・泉外旭川駅)について、JR秋田支社の菊地正支社長は21日、「客の利用が増えるように市と協力し、ダイヤなど利用しやすい輸送体系を作っていく」と述べ、市と連携して開業の準備を進めていくとした。

 支社で同日開かれた記者との定例懇話会で菊地支社長は「駅の新設により、住民の通勤や通学の利便性が高まる」と強調。また、秋田駅へアクセスしやすくなることから「駅周辺の買い物客の増加にもつなげていきたい」と述べた。

(全文 329 文字 / 残り 98 文字)

秋田市泉に設置が計画されている新駅に関する連載です