放課後の「居場所」視察 小坂町で韓国・釜山市の教育関係者

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小坂町のスキップを見学する釜山市の教育関係者
小坂町のスキップを見学する釜山市の教育関係者

 韓国・釜山市の教育関係者23人が21日、秋田県小坂町の小坂小・中学校や児童クラブを視察した。放課後の子どもの居場所づくりを学ぼうと来県し、22日まで2日間の日程で県北地域を巡っている。

 小坂小・中は校舎一体型の一貫校。隣接する町交流センター内に放課後児童クラブ「Skip(スキップ)」があり、学校教育と社会教育の拠点が1カ所に集まっている。交流センターには町教育委員会の事務所が入っているほか、地元住民もさまざまな活動で利用するため、地域ぐるみでの子どもの見守りにつながっている。

(全文 765 文字 / 残り 524 文字)