さきがけ政経懇話会:笑いで健康づくり

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大平哲也さん
大平哲也さん

 秋田さきがけ県南政経懇話会の1月例会が21日、湯沢市の湯沢グランドホテルで開かれ、福島県立医科大学医学部疫学講座主任教授の大平哲也さん(53)が「笑いで健康づくり」と題して講演した。うつや生活習慣病などの予防策として「笑い」の効能を紹介し、笑いヨガの実践方法も指導。「笑うという行動そのものに効果がある。笑いは周囲も楽しくさせ、みんなが健康になる」などと話した。

 大平さんは、職場でストレスを感じている人はメタボリック症候群になりやすいとの国内外の調査事例を示したほか、甲状腺異常やぜんそくなどもストレスが関係していると指摘。ただ、ストレスは仕事をしている限りは減らない人もいるため、体にいい取り組みを増やすべきだとして、その方法に「笑い」を取り上げた。

(全文 1043 文字 / 残り 715 文字)