大相撲の元関脇豪風が引退 年寄「押尾川」を襲名

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 大相撲の元関脇で東十両12枚目の豪風(39)=本名・成田旭、北秋田市出身、尾車部屋=が初場所10日目の22日、現役引退を表明した。豪風は同日午前、東京都江東区の同部屋で「悔いは一つもない。力士として自分なりの潔さを出したつもり。長くやった分、多くの方に見ていただけた」と話した。

 日本相撲協会理事会で年寄「押尾川」襲名を承認され、今後は尾車部屋付きの親方として後進の指導に当たる。9日目に負け越しが決まって幕下転落の危機に陥っていた。23日に記者会見する予定。

(全文 754 文字 / 残り 523 文字)

秋田魁新報社電子版の特集ページ