巨大ナマハゲ面、観光客に人気 JR秋田駅に設置【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
秋田駅ぽぽろーどに設置されている巨大なナマハゲの面
秋田駅ぽぽろーどに設置されている巨大なナマハゲの面

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された「男鹿のナマハゲ」の巨大な面が、秋田市のJR秋田駅ぽぽろーどに設置され、「迫力がある」と観光客や市民から注目を集めている。

 赤いナマハゲの面で、高さ2・9メートル、幅1・7メートル。普段は県第2庁舎に展示されているが、ナハマゲの無形文化遺産登録を機に、本県と男鹿市のPRにつなげようと、JR秋田支社が県から面を借り受けた。先月27日から設置している。

(全文 408 文字 / 残り 203 文字)