ハピネッツ、今後を占う重要な一戦 23日、敵地で北海道戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
北海道戦に向けた全体練習でペップHC(右から5人目)の指示を聞く選手たち=秋田市の秋田銀行体育館
北海道戦に向けた全体練習でペップHC(右から5人目)の指示を聞く選手たち=秋田市の秋田銀行体育館

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区5位の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は23日午後7時5分から、札幌市の北海きたえーるで同最下位の北海道と戦う。今年に入って3連敗中だが、前節は強豪相手に終盤まで接戦に持ち込んだ。北海道は順位、得失点差で競っているだけに、確実に白星を挙げて優位に立っておきたい。

 北海道は8勝24敗で3連敗中。昨年12月、能代工高出身で元女子日本代表ヘッドコーチ(HC)の内海知秀氏が指揮官に就任以降も4勝9敗と苦戦が続く。ただ、米プロバスケNBAの元選手で212センチの大型センター・ミュレンズが加入して得点力が向上、司令塔のガード松島良豪もアシスト数が増えた。昨年末には強豪A東京を破るなど調子を上げつつある。連敗脱出へ今節に懸ける意気込みは強い。

(全文 652 文字 / 残り 309 文字)