あの店・この逸品[小町園]みそラーメン 創業35年、変わらぬ味

お気に入りに登録
肉と野菜のうま味が溶け込んだみそラーメン
肉と野菜のうま味が溶け込んだみそラーメン

 湯沢市小野の食堂「小町園」の名物は、キャベツやモヤシ、ニンジンなどの炒め野菜と豚バラ肉がたっぷり入ったみそラーメン(税込み730円)だ。豚骨や鶏ガラ、香味野菜を煮込んだスープに、秋田みそ、白みそなど数種類の合わせみそを使用。シコシコした太麺の食感が楽しく、肉と野菜のうま味が溶け込んだスープは思わず飲み干したくなってしまう。子どもから高齢者まで、幅広い世代に愛されている。

 小町園は1983年にドライブインとして創業。食堂のほか薬湯の浴場やスナックなども手掛け、多くの観光客や地域住民を受け入れてきた。99年に道の駅おがちが近くに開業してからは食堂だけの営業となったが、店内で湯沢市の特産品や地酒を販売するなど、往時の面影が残っている。

(全文 839 文字 / 残り 520 文字)

お店の情報

湯沢市小野字小町53
TEL0183・52・3499
営業時間は食堂が午前11時~午後9時、居酒屋は午後5時~10時
食堂は大みそかと元日休み、居酒屋は月曜定休

この連載企画の記事一覧