イージス・アショア:新屋演習場(中)変遷重ねる海辺の林

会員向け記事

 「村之老幼追思其徳不能忘」

 村民は老いも若きもその人徳をしのんで忘れることはできない―。そんな一文が刻まれた石碑が、新屋演習場から南へ約2キロの神社にある。江戸時代後期に新屋地区にクロマツの砂防林を築いた秋田藩士・栗田定之丞(さだのじょう、1767~1827年)を祭る「栗田神社」だ。

 「新屋の人々は長年、砂の害に苦しんだ」。県内の歴史愛好者でつくる「秋田歴史研究会」の会長を務め、新屋住民の一人でもある菅原忠さん(69)は言う。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

連載企画:イージス・アショア:第2部・新屋演習場

同じジャンルのニュース