多様な解釈で「白」を表現 若手美術作家の作品展示会始まる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「白」をテーマに若手作家7人の手掛けた作品が並ぶ展示会
「白」をテーマに若手作家7人の手掛けた作品が並ぶ展示会

 秋田美術作家協会に所属する若手7人の作品展示会「はじまりの白」が30日、秋田市大町のココラボラトリーで始まった。多様な解釈で「白」を表現した絵画や立体造形作品など19点が並び、来場者を魅了している。来月3日まで。

 県芸術文化協会が県内在住の30、40代の若手美術作家に活躍の場を与えようと、初めて開催。油彩や鉛筆画など多彩なジャンルで活動する作家7人が、白を題材とした作品を出展した。

(全文 408 文字 / 残り 215 文字)