ROAD TO 東京:バドミントン女子・田中志穂 弱点を突くセンス抜群

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年8月の世界選手権でレシーブする田中(左)と米元=中国・南京
昨年8月の世界選手権でレシーブする田中(左)と米元=中国・南京

 田中志穂(26)=北都銀行=は熊本県坂本村(現八代市)の出身。小学校の部活動は野球とバドミントンだけで、女子はほぼ全員がバドミントン部に入った。

 1学年下には女子ダブルス世界ランキング1位の福島由紀(25)=岐阜トリッキーパンダース=がいた。2人でペアを組んだこともある。後に世界ランカー2人を輩出する山あいの村の小さな強豪校。ここで練習に励み、全国小学生選手権で準優勝(シングルス)を果たした。早くから名を知られる選手だった。

(全文 970 文字 / 残り 755 文字)