ナマハゲがやって来た! 迫力に園児泣き出す、秋田市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
登場したナマハゲに見入る園児
登場したナマハゲに見入る園児

 秋田市新屋の認定こども園「勝平幼稚園ひよこ保育園」(藤原はるみ園長、168人)の恒例行事「なまはげがやって来る!」が1日、同園で開かれた。保護者や地域住民ら約60人が見守る中、園児はナマハゲの迫力に圧倒されつつ、勇ましい雄たけびや太鼓演奏に夢中になっていた。

 行事は節分に合わせ、園児らの無病息災を祈願して毎年開催している。

 男鹿市のなまはげ太鼓グループ「恩荷(おんが)」のメンバー4人が同園を訪問。うち3人がナマハゲに扮(ふん)し登場すると、何人かの園児は泣き出す事態に。「先生の話ちゃんと聞いてらが」「友達と仲良くしねば山さ連れで行ぐど」と迫ると、園児は「いい子にします」と返事した。

(全文 402 文字 / 残り 107 文字)