3個人1団体にさきがけ創刊記念章 金農野球部に特別賞

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
増田まちなみ保存会
増田まちなみ保存会

 秋田魁新報社は2月2日に創刊145年を迎えるにあたり、秋田県内外で多大な功績のあった3個人1団体に「さきがけ創刊記念章」を、第100回全国高校野球選手権記念大会で準優勝した金足農業高校野球部に創刊145年記念特別賞を贈ることを決めました。

 創刊記念章は▽作家の西木正明さん(78)=仙北市出身・横浜市住▽ダリア育種家の鷲澤幸治さん(71)=秋田市住▽大相撲元関脇・豪風の押尾川親方(39)=本名成田旭、北秋田市出身・都内住▽まちづくり団体の増田まちなみ保存会(佐藤又六会長)=横手市=で、それぞれに顕彰状、賞牌(しょうはい)、副賞を贈呈します。金足農高野球部には顕彰状と記念品を贈ります。

 顕彰式は2月21日午前11時から秋田市の秋田キャッスルホテルで行います。

 さきがけ創刊記念章は1984年の創刊110年を記念して創設しました。各分野の発展に貢献した個人、団体、事績を顕彰するもので、これまで16個人、4団体、2事績に贈られています。