命名権、再募集も応募ゼロ 八橋陸上競技場、契約金額要因か

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
改修工事が進む八橋陸上競技場
改修工事が進む八橋陸上競技場

 秋田市が1日まで期限を延長し、再募集していた八橋陸上競技場のネーミングライツ(命名権)に、企業や団体からの応募がなかったことが同日、分かった。同競技場はサッカーJ3ブラウブリッツ秋田(BB秋田)が2019年シーズンから暫定本拠地として使用する。市は命名権料を見直した上での再々募集も視野に、検討を進める考え。

 市は、昨年12月10日~今年1月18日の期間で命名権を募集。しかし応募がゼロだったため、募集期間を延長していた。1月19日以降、市への問い合わせは市内企業から2件あったが、応募には結びつかなかった。

(全文 501 文字 / 残り 246 文字)