豪太の新花嫁ユキ、来月にもGAOに ホッキョクグマ繁殖へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
姫路市立動物園から借り受けることが決まったホッキョクグマ「ユキ」(県提供)
姫路市立動物園から借り受けることが決まったホッキョクグマ「ユキ」(県提供)

 秋田県は5日、男鹿水族館GAO(男鹿市戸賀)の雄のホッキョクグマ「豪太」(15歳)の繁殖相手として、姫路市立動物園(兵庫県)から雌の「ユキ」(19歳)を借り受けることが決まったと発表した。来月にも搬入する方向で調整している。GAOでは昨年1月、雌の「クルミ」が死に、豪太の相手が不在となっていた。

 県観光戦略課によると、ユキはセルビア・パリック動物園生まれで、誕生日は豪太と同じ11月26日。2002年から姫路市立動物園で飼育されており、10年と13年に出産経験がある。14年以降も毎年、園内の雄と交尾行動が確認されたが、妊娠に至らなかった。

(全文 594 文字 / 残り 322 文字)