都会の園児ら冬の森を散策 秋田市の「健康の森」【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
新雪を踏みしめて「健康の森」を散策する参加者
新雪を踏みしめて「健康の森」を散策する参加者

 横浜市の保育園「よこはま風の遊育園」の園児6人と家族ら合わせて20人が10日、秋田市下浜の「健康の森」を訪れ、新雪を踏みしめながら林の中の散策を楽しんだ。

 遊育園は、秋田市土崎港の社会福祉法人「風の遊育舎」が運営。一行は、同法人の澤口勇人理事長の「秋田の冬と自然を楽しんで」との呼び掛けに応じて初めて本県を訪れた。健康の森の案内は、森の所有者で、森林と健康をテーマに活動している市民団体「秋田森の会・風のハーモニー」代表の佐藤清太郎さん(74)が務めた。

(全文 415 文字 / 残り 187 文字)