吉田「一番良かった」 調子上向き、11日には初の打撃投手

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
投球練習する日本ハム・吉田輝=国頭
投球練習する日本ハム・吉田輝=国頭

 日に日に調子を上げている。日本ハムのドラフト1位新人、吉田輝(秋田・金足農高)は第3クール初日の10日、沖縄県国頭村の2軍キャンプで4度目のブルペンに入り、第2クールまでに投げていたカーブなどに加え、初めてツーシームとカットボールを試した。直球を含めて計32球を投じ「今回が一番良かった。気持ちよく投げられた」と充実感をにじませた。

 カットボールはイメージよりも大きく変化してスライダーになっていたというが「ツーシームは1球だけいいところに行った。スライダーも球速が出ているので、もう少し低めに行けば空振りを取れると思う」とうなずいた。

(全文 410 文字 / 残り 141 文字)