秋田銀行が初代女王に バスケ社会人地域リーグCS

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【女子決勝・秋田銀行―紀陽銀行】第2クオーター、秋田銀行の髙橋がフローターシュートを放つ
【女子決勝・秋田銀行―紀陽銀行】第2クオーター、秋田銀行の髙橋がフローターシュートを放つ

 11、12日に群馬県高崎市の高崎アリーナで開かれた第1回全日本社会人バスケットボール地域リーグチャンピオンシップ(CS)で、女子の秋田銀行が初優勝した。11日は予選リーグを3戦全勝で突破し、準決勝で丸紅(関東・東海)に勝利。12日の決勝は紀陽銀行(和歌山、西日本)を後半に突き放し、66―53で下した。男子は予選リーグでJR東日本秋田を破った日本無線(関東)がリンタツ(東海)を70―56で退け、初代王者となった。

 ▽女子決勝

秋田銀行  66―53  紀陽銀行(西日本)
     (10― 9)
     (24―18)
     (15― 7)
     (17―19)

(全文 704 文字 / 残り 420 文字)