銀線細工など出品、秋田商工会議所 都内で展示商談会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田銀線細工を生かした商品を展示した秋田商工会議所のブース
秋田銀線細工を生かした商品を展示した秋田商工会議所のブース

 全国各地の商工会議所が地域の特産品や技術を生かした商品の販路開拓を図る展示商談会「feel NIPPON春2019」が12日、東京都江東区の東京ビッグサイトで始まった。本県からは秋田商工会議所が秋田市の伝統工芸品「秋田銀線細工」を展示したほか、横手商工会議所が横手市の農産物などを活用した土産品ブランド「IDEHA(イデハ)」をPRした。15日まで。

 秋田商議所は、銀線細工を生かした商品開発を目的に2017年度に行ったコンペの入賞商品を展示。アクリルの球体の中に銀線細工の鶴や金魚を封入したボトルストッパーやシンブル(裁縫の指ぬき)、ガラスの底部に銀線細工を閉じ込めたぐい飲みが並び、来場者の注目を集めた。

(全文 590 文字 / 残り 285 文字)