大仙出身の村上コーチ、池江選手いたわる 「治療に専念を」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
リオ五輪に臨んだ池江選手と村上さん(左)=16年8月、リオデジャネイロの五輪水泳競技場
リオ五輪に臨んだ池江選手と村上さん(左)=16年8月、リオデジャネイロの五輪水泳競技場

 秋田県大仙市(旧中仙町)出身で、池江璃花子選手を中学時代から指導してきたルネサンス強化ヘッドコーチの村上二美也さん(58)=千葉県習志野市=は「時間がかかったとしても焦らず、とにかく治療だけに専念してほしい」と教え子をいたわった。

 村上さんは「水泳が本当に大好きな子。その思いさえあれば、必ず現場に戻ってくることができる。回復を見守りたい」と語った。

(全文 456 文字 / 残り 280 文字)