ディフェンス強化結実 バスケ秋銀が初代女王を報告【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
優勝報告会後の記念撮影で笑顔を見せる選手たち
優勝報告会後の記念撮影で笑顔を見せる選手たち

 バスケットボールの第1回全日本社会人地域リーグチャンピオンシップ(CS)で初代女王に輝いた秋田銀行の優勝報告会が13日、秋田市の同行本店で開かれた。小滝道仁ヘッドコーチ(32)は「ディフェンスを武器にした秋田銀行らしいバスケットを展開して勝つことができた」と喜びを語った。

 CSは9日から12日まで群馬県高崎市の高崎アリーナで行われた。予選リーグを3戦全勝で通過した秋田銀行は準決勝で丸紅(関東・東海)、決勝で紀陽銀行(西日本)を下した。

 報告会では行員50人が拍手で選手たちを迎えた。湊屋隆夫会長が「傷を負った選手もいて激戦ぶりがうかがえる。鍛錬を重ねて栄冠を勝ち取った頑張り、精神力に敬意を表したい」とたたえた。

(全文 515 文字 / 残り 206 文字)