「マサル」に白毛と虎毛、仲間入り 秋田犬保存会が企画

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田犬保存会が新たに販売を始めた白毛と虎毛の秋田犬の縫いぐるみ
秋田犬保存会が新たに販売を始めた白毛と虎毛の秋田犬の縫いぐるみ

 秋田県大館市の秋田犬保存会(遠藤敬会長)は、同市の秋田犬会館などで販売している秋田犬の縫いぐるみに、新たに白毛と虎毛のデザインを追加した。販売中の赤毛の縫いぐるみが国内外から人気を集めており、他の毛色の秋田犬にも関心を持ってもらおうと企画した。

 同会はフィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ選手(ロシア)に贈られた秋田犬「マサル」をモデルに、昨年8月から赤毛の秋田犬の縫いぐるみや、手にかぶせて動かせるパペットを販売。反響が大きく、「白毛と虎毛も欲しい」との要望が寄せられたため、白毛と虎毛のデザインを追加した。販売は先月下旬に始めた。

(全文 564 文字 / 残り 293 文字)