「最低賃金引き上げる」55% 北都銀調査、人手不足背景か

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 北都銀行くらしと経営の相談所(秋田市)が秋田県内企業を対象に行った最低賃金引き上げに関するアンケートによると、昨年10月の改定を受けて「賃金を引き上げる」と答えた企業は55・3%だった。従来の賃金が改定後の額を上回っている企業でも、改定に伴い賃金を引き上げるとしたところがあった。同相談所は「人手不足や景気の回復基調を背景に、雇用を確保するために賃上げする企業が多いのではないか」とみている。

 本県の最低賃金は昨年10月1日、24円引き上げられ1時間762円となった。全国平均は874円で、最も高い東京は985円。最も低いのは鹿児島の761円で、本県はこれに次ぐ低水準となっている。

(全文 844 文字 / 残り 552 文字)