元朝青龍関招き“花嫁候補”贈呈へ 秋田犬保存会、大館市で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
贈呈された秋田犬「マサオ」を抱く元横綱朝青龍、ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏=2018年7月10日、ウランバートル近郊
贈呈された秋田犬「マサオ」を抱く元横綱朝青龍、ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏=2018年7月10日、ウランバートル近郊

 秋田県大館市に本部を置く秋田犬保存会は15日、5月3日に同市のニプロハチ公ドーム敷地内の広場で開く「本部展」にモンゴル大統領特使として活動する元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏を招き、同氏に贈った雄の“花嫁候補”となる雌を新たに贈ると発表した。

 同市の秋田犬会館で会見した保存会長の遠藤敬衆院議員(日本維新の会、大阪18区)によると、約1カ月前に元朝青龍関側から要望されたという。保存会は昨年7月、元朝青龍関に赤毛の雄「マサオ」を贈呈。現在生後9カ月のマサオは、保存会がフィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ選手(16)=ロシア=に贈った雌「マサル」のいとこ。

(全文 458 文字 / 残り 170 文字)