個性光る力作、研さんの成果一堂に なかいちで美大作品展

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
105人が出品した卒業・修了研究作品展
105人が出品した卒業・修了研究作品展

 秋田市新屋の秋田公立美術大(霜鳥秋則学長)の卒業・修了研究作品展が15日、同市中通の県立美術館・県民ギャラリーとにぎわい交流館で始まった。個性豊かな力作105点が並ぶ。19日まで。

 ビジュアルアーツ、ものづくりデザインなど5専攻の学生97人と、2年前に設置した大学院「複合芸術研究科」の初めての修了生となる8人が1作品ずつ出品した。

 学生97人の作品から選ぶ最高賞の学長賞は浅香遊さん(22)=ビジュアルアーツ専攻=の「PLAY TIME」、秋田魁新報社特別賞は南林いづみさん(22)=同=の「モノピカル」に決まった。その他の賞は19日に会場で発表する。

(全文 586 文字 / 残り 308 文字)