「雄和B&G」プールを廃止 秋田市、利用減と老朽化進む

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
3月で廃止となる雄和B&G海洋センター
3月で廃止となる雄和B&G海洋センター

 秋田市は利用者の減少が著しいとして、同市雄和のプール施設「雄和B&G海洋センター」を3月末で廃止する。施設の廃止条例案を市議会2月定例会に提出する。

 同センターは全国に体育施設を設置するB&G財団(本部・東京)が1986年6月に整備し、旧雄和町へ寄付した。2005年の合併後は、市が管理運営に当たってきた。

 プールは25メートル6コースと幼児用を備え、毎年7~9月に約60日間営業。市内外から利用客が訪れたほか、地元の保育所、小中学校の子どもたちが授業の一環で利用してきた。

(全文 407 文字 / 残り 169 文字)