野田秀樹“キャラバン”開幕、民俗行事と舞台芸術共演 横手

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
総勢73人の出演者が並んだフィナーレ
総勢73人の出演者が並んだフィナーレ

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けた文化イベント「東京キャラバンin秋田」が16日、横手市の秋田ふるさと村で開幕した。17日まで。民俗行事と音楽、ダンスなど多分野の芸術が一体となって幻想的なステージを繰り広げ、約500人の観衆を魅了した。

 東京都の主催。演出家の野田秀樹さんが監修し、国内外で開催している。横手公演は11カ所目で、女優黒木華(はる)さん、音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」ら著名アーティストが多数出演。昨年12月に秋田市、男鹿市でワークショップを行い、総勢73人が共演するパフォーマンスをつくり上げた。

(全文 544 文字 / 残り 279 文字)

インターネットでの生中継はこちらから