吉田輝星、実戦デビューは1回1失点 課題も手応えも

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
紅白戦に先発した日本ハム・吉田=国頭
紅白戦に先発した日本ハム・吉田=国頭

 注目のドラフト1位ルーキーの実戦デビューはほろ苦いものとなった。日本ハムの吉田(金足農高)が16日、沖縄県国頭村で行われた紅白戦で先発し、大田にバックスクリーンまで運ばれて1回1失点だった。「打たれた球は甘かった。もう少し厳しい気持ちでいかないといけないと思った」と唇をかんだ。

 同じ新人の柿木(大阪桐蔭高)との投げ合いだった。昨夏の甲子園大会決勝の再現に「2人とも先発ですごく楽しみにしていた」と言う。満員の観衆が見つめる中、1番打者の西川は直球とカーブを織り交ぜて二ゴロに打ち取ったが、続く大田に144キロの直球を完璧に捉えられた。

(全文 472 文字 / 残り 203 文字)