競泳女子200バタ、長谷川がV コナミオープン最終日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子200メートルバタフライ 優勝した長谷川涼香=千葉県国際総合水泳場
女子200メートルバタフライ 優勝した長谷川涼香=千葉県国際総合水泳場

 競泳のコナミオープン最終日は17日、千葉県習志野市の千葉県国際総合水泳場で行われ、女子200メートルバタフライはリオデジャネイロ五輪代表の長谷川涼香(東京ドーム)が2分8秒32で制した。昨年のパンパシフィック選手権銀メダルの持田早智(ルネサンス)が2位だった。

 女子200メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が2分9秒91で勝ち、男子200メートルバタフライは瀬戸大也(ANA)が1分55秒24で1位。女子100メートル自由形は青木智美(あいおいニッセイ同和損害保険)が54秒94で優勝した。