築約50年、大曲高校舎建て替えへ 県教育庁新年度予算案

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県教育庁は2019年度、校舎の老朽化や生徒数の減少による高校再編に伴い、大曲高(大仙市)など県立学校4校の整備事業を実施する。大曲高は21年度の着工を目指し、校舎の建て替えに向けた作業を本格化させる。2月県議会の19年度一般会計当初予算案に関連経費27億1318万円を計上した。

 県教育庁施設整備室によると、校舎が築約50年を経過した大曲高では、コンクリートのひび割れや暖房設備の劣化が目立っていた。19年度から、基本設計や地質調査を行う。供用開始時期は未定。

(全文 675 文字 / 残り 442 文字)