旬の食材を調理、食卓に春が来た 秋田市で料理教室

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
手作りのイチゴのドレッシングをサラダにかける参加者
手作りのイチゴのドレッシングをサラダにかける参加者

 春の野菜や果物を使った料理教室が13日、秋田市外旭川の市公設地方卸売市場で開かれた。40~70代の18人が参加し、旬の食材を用いた彩り豊かなおもてなし料理に挑戦した。市場を管理するあきた市場マネジメントの主催。

 参加者は計5品を調理。ひな祭りをイメージしたカップずし作りでは、深さ約10センチの透明なカップに酢飯を敷き詰め、カイワレや大葉のほか、卵焼きやアボカド、マグロなどを盛り付けた。分担して手際良く鮮やかな層を作った。

(全文 409 文字 / 残り 196 文字)